サイトマップ

中学生にスマホは必要か?持たせることのデメリットとルールの決め方。

中学生になってからスマホデビューした娘。スマホ普及率が高くなってきたせいか、小学校の頃からずっと欲しいと言い続けていたので、毎日スマホを楽しんでいます。

正直なところ、、

中学生にスマホは必要ないんじゃないか?
トラブルに巻き込まれたらどうしよう?
スマホ依存になったら・・?

とかとか。そんなこともちょっと思いましたが、やっぱりみんな持ってたら自分も欲しくなるよね。ってことで購入しました。

中学生にスマホは必要か?

必要か必要じゃないかで言えば必要じゃないんですよ。でもそれは大人でも同じ。結局みんなが持ってるから必要性を感じて欲しくなるんですよね。

だって便利だから。画像や動画なんかもシェアすれば楽しい。グループラインで連絡を取り合ったり、通話だってライン電話なら無料だし。みんなが持ってるからって必要ないのに買い与えるのはどうなんだという意見もあるかもですが、みんなが持ってるから自分もほしいんじゃんと。わたしは思うんですよね。

大人だってそうです。主婦の中で連絡手段がグループラインになってたりすれば必要かなって思いますしね。

スマホの普及率も中学生だと2人に1人は持っている(普及率50%)小学生でも4人に1人の割合で持っています。高校生に至ってはほとんどの子が持っているんだとか。

本当に必要かどうかというのは個人の考えによるところが大きいんだけど、みんなが持っているから持ってないと疎外感を感じる、だから必要。そういうことなんだと思います。

スポンサーリンク


スマホを持たせて良かった点(メリット)

まずスマホを持たせて良かった点は連絡がつきやすいことです。キッズケータイのときは家に忘れていっても全然平気で、携帯電話なのに携帯しないことが多かったのですが、スマホは必ず持っていくし忘れたら取りに帰ってきます。

ライン電話が無料なので通話料金の心配もないですし、道がわからなくてもナビついてるので迷うこともほぼありません。

お友達との連絡手段もそうですが、アプリで写真の加工をしてそれを共有するなどして楽しんでいるようです。

あとうちはスタディサプリというアプリ(有料:月/980円)を入れているのですが、こういう価格が安くて優良な勉強用のアプリを使えるのもメリットかなと思います。

※スタディサプリは塾の講師が授業している動画を見られるというアプリです。

スタディサプリ公式サイト

スマホを持たせて心配な点(デメリット)

スマホを持たせることで勉強しなくなるんじゃないか・・とか、家族との会話が減ってしまうんじゃないか・・とか。心配なことは多々ありますが、以下の3つは特に心配何じゃないかと。

  • スマホ依存
  • ネットトラブル
  • LINEやSNSでのいじめ

あ、勉強に関してはスマホがあるなしに関係なくやらない子はやらないです。(個人的意見ですけど)

スポンサーリンク


スマホ依存

スマホ依存と一言でいってもスマホで何をしているかによるんですが、ツイッターなどのSNSばかりをしているならつながり依存症(SNS依存症)だし、ゲームならゲーム依存ですよね。

ただ、一般的にスマホ依存と呼ばれるものはネットや動画の閲覧を制限なくずっとしてしまうことのようです。

どんなにスマホをいじっていても、自分でスマホ使用を制限できるうちはまだ大丈夫ですが、それができなくなると問題です。トイレやお風呂場にまで持ち込んだり、食事中も手放せなかったり。勉強しなきゃと思っていてもついスマホを手に取ってしまうなど、怒ったところで治るものでもないので予めルールを決めて予防するのが大切です。

スマホの使用時間を決めておいてそれ以外は親が預かったり、スマホ使用制限ができるアプリを入れておくなど方法はあるので探してみてください。

ネットトラブル

ネットトラブルでぱっと思いつくものといえば架空請求や個人情報の流出です。子供に持たせるスマホの場合だとアクセス制限かけると思うので有害サイトへのアクセスは出来ないはずですが、今はやり方が巧妙になっていることもあるので心配ですよね。

無料だからといって迂闊にクリックしないようにしっかり言っておく必要があります。

個人情報の流出も一度ネット上に出てしまったら取り戻せないので、これもしっかり話しておく必要があります。顔・住所・名前だけが個人情報ではありません。近所の風景を写した写真でも、何かの看板に住所が載っていると住んでいる地域を特定出来てしまいます。制服なども気をつけたほうがいいですね。

自分の情報だけでなく、他人の個人情報を悪気なく流してしまいトラブルになることもあります。動画や写真などは子供同士で「いいよ~」なんて承諾があったとしてもSNSなどのネット上には掲載しないように話しておきましょう。

LINEやSNS上でのいじめ

グループラインに入るとそういう事が起きる可能性がある、ということですが、そうなった場合は必ず親に相談するように言うしかありません。万が一SNSで個人情報を流出されたらたまりませんし、もはや子供だけの問題ではなくなりますので。

スポンサーリンク


スマホ使用のルールを決める

スマホに制限をつけるのはもちろんですが、スマホ依存・ネットトラブル・LINEやSNSでのいじめなどを予防するためのルールを決めておくといいですよね。

例えばこんな感じ↓

  • スマホ使用の時間制限
  • 持っていっては行けない場所
  • 食事中はいじらない
  • 写真や動画などの投稿はしない
  • 歩きスマホなどしない(公共マナー)

アメリカJanell Burley Hofmanさんが息子さんにiphoneをプレゼントしたときに一緒に送ったスマホ18の約束という使用契約書がとても素晴らしいので、こちらを参考にしてルールを決めてもいいかもですね。

スマホ18の約束

もしスマホの使用時間に制限をつけるならアプリを利用すると便利です。アプリストアで『スマホ 使用制限』などと打ち込むとたくさんでてくるので興味があれば見てみてください。

検索してもおすすめのアプリなど出てくるので、良かったらこちらも参考にしてみてくださいね。

スマホ使用制限の検索結果

ただ制限をつけすぎると子供も窮屈になって隠し事が増える恐れもありますので、どこまでが良くてどこからがダメなのかという線引と、してほしくないことを明確にして、なぜなのかを子供に伝えながら一緒にルールを決めるようにするのがいいと思います。

スポンサーリンク


中学生の娘にスマホを持たせた感想

LINEなどのピロン音は最初の頃ずーっとひっきりなしになってたんですが、最近ではそれがありません。LINEやスマホでの友だちとの関わり方などを学んで行くんでしょうね。

スマホをいじっている時間は長いですが、それでもご飯のときは触らないですし宿題やテスト勉強も一応ちゃんとやってるみたいです。音楽アプリを入れていろんな曲を聴いてるみたいで、たまに「この曲いいよ」って勧められたり、スマホの使い方を教えてもらったりして結構たのしいです(笑)

ルールさえ守ればスマホは連絡手段だけじゃなくて人とつながり共有(シェア)することを楽しめます。スマホは中学生にとって必要かどうかと言われたら必要じゃないかも知れません。でも大切なのはスマホが必要かどうかじゃなくルールを守れるかどうかじゃないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です