サイトマップ

紫外線対策グッズで日焼けを防止!おすすめや使用感など詳しく説明

わたしは野球少年の母なので週末はグラウンドで紫外線浴びまくり。

日焼け止めだけだと心配なのでフェイスカバーや帽子、メガネ、パーカーなど、ありとあらゆる紫外線対策グッズを使って日焼けを防止しているので、使用感などシェアしようと思います。

見た目や紫外線から守りたい部分によって選べるように比較しながら書いてみました。

顔はマスクやフェイスカバーで紫外線カット

フェイスカバーはマスクよりも息がしやすくデコルテまで隠してくれるものや、商品によってはうなじまでカバーしてくれるものもあります。帽子と併用すると顔のカバーはバッチリです。

耳にかけて使うタイプが多いかな。広範囲に紫外線をガードしてくれるし、マスクと違って内側に水滴がたまらないのがいいです。ただし慣れるまでちょっと着けるの恥ずかしい(笑)

布タイプのマスクは洗って繰り返し使えてコスパですがちょっと息苦しいです。

普通のやつ・・(風邪とか引いたときに使うようなの)は比較的息はしやすいですが、洗って再度使うことが出来ないので汚れ具合と相談って感じかなと。

マスクの形に日焼けしないのかなと思ったんですが、生地が耳の手前くらいまであり頬をしっかりとカバーしてくれていて、ゴミ捨てや洗濯物を干す時など、ガッツリ日焼け止め塗りたくない時にも重宝します。

帽子とサンバイザーの違いは頭皮を守るかどうか

サンバイザーは自転車乗ったおばちゃんがつけてて「前見えてる??」と聞きたくなるような感じの・・コレ↓

前は見えるんだけど、やっぱり着けるのが恥ずかしいです。・・が、一度つければ吹っ切れる(笑)

顔が全体的に覆われるので紫外線カットという点ではすごく安心感がありますが、たまにつばの部分に光が反射して見えづらい時もあります。

髪型が崩れない点はすごくいいんだけど、長時間装着してると締め付けで頭が痛くなるというデメリットが。。

なので、個人的には圧倒的に帽子推奨です。

帽子は髪の毛がぺったんこになるのと風で飛びやすいという面がありますが、なんといっても頭皮も日差しから守ってくれます。

みんなあんまり気にしないみたいなんですけど、頭皮も日焼けするし紫外線のダメージにも晒されています。

分け目って他の頭皮部分よりも黒かったりしません?

40も後半になると女性といえどだんだん髪が痩せたり薄くなったりします。特に分け目から薄くなるのよ。

それって無防備に浴び続けた紫外線の影響もあるらしいので、そうなる前に帽子でガード。紐付き選ぶと風で飛びにくいです。

UVカットメガネで目を紫外線から守る

目から入る紫外線というのも侮れません。紫外線が目から入ると脳が感知して体内にメラニンを作るように司令を出すだけでなく白内障や角膜炎などの原因にもなるんだとか。(怖っ!)

紫外線にはA波とB波があり、A波は波長が長いため目の奥まで届きダメージを与えます。それを防ぐのがUV400と表記されているUVカットメガネ。

UV400は紫外線の波長を400NM以下までカットしますよ、という意味です。

紫外線の波長の長さ
  • 紫外線A波・・400NM~315NM
  • 紫外線B波・・315NM~280NM

※NMはナノメートルという単位

UV400のメガネなら紫外線A波の波長400NMまでカットしてくれるので、目に入る紫外線をほぼ防ぐことができます。

UVカットやUVケアとしか表記されていないものは紫外線B波までしか防げないらしいので、しっかりA波の波長まで防げるUV400表記がおすすめ。色付きレンズに抵抗あるなら透明もあるので探してみてください。

UVパーカーとアームカバー選ぶならどっち?

パーカーと書きましたが、まぁ羽織ものです。

UVカットやUPFと表記されているパーカーは普通にユニクロなどでも販売していて、わたしも3枚ほどローテーションで着回しています。

UPFとは
UPFは布製品などのUVカット指数のこと。何も着けていない状態だと20分で肌が赤くなると想定して出され、紫外線A波・B波をどのくらい防げるかの目安になります。

例えばUPF50であれば肌が赤くなるまで20(分)×50=1000(分)、大体16時間ちょいかかります。

上半身を全体的にカバーしてくれるので重宝しますし、冷房の効いたお店に入った時の上着としても使えます。

ただ外で着てると暑い!涼しい素材を使っていても暑いものは暑いのです。

アームカバーは基本的に日傘で紫外線を防いでいる人向けかなと思います。アームカバーに紫外線カット効果があっても、着ている服に紫外線カット効果がないからです。(UVカット効果がある服なら別)

あと車を運転するときの腕の日焼け防止にいいです。

日傘選びはUVカット加工かUV遮断素材か

日傘はちょっと高いけどサンバリアがおすすめ。紫外線100%カットで使用している素材自体にUVカット効果があるから壊れるまで使えます。

Sun Barrier100

日傘は表面にUVカット加工が施してあるものと、素材そのものにUV遮断効果があるものがあります。

素材にUV遮断効果があればずっと使えるけど、表面にUVカット加工してあるものだと2年くらいで効果が切れるんだとか。

2年って聞くと長く感じるんですけど、日傘って夏しか使わないので2シーズン。そう考えると少々高くてもずっと使えるものを選んだほうがいいのかなと思います。

紫外線対策グッズ:まとめ

日焼けしないために8種類の紫外線対策グッズの使用感やおすすめなどを書きました。

外出の予定がなく、ちょっと洗濯物を干す時などはマスクや帽子だけでもいいけど、1日外にいるなら日焼け止めは併用したほうが確実です。

肌が弱くて日焼け止めを塗れないときは飲む日焼け止めなんてのもありますしね。

飲む日焼け止めが効果的に働く仕組みと2つの主成分の違いをわかりやすく説明!

あとフェイスカバーやパーカーなどの羽織ものは暑いので、気づかないうちにたくさん汗をかいていたりします。いくら涼しい素材で出来ててもやっぱり暑いものは暑いんで。

長時間外にいる場合はこまめに水分とったり扇子で仰いだりして熱中症にも気をつけてくださいね。

>>> 飲む日焼け止めが効果的に働く仕組みと2つの主成分の違いをわかりやすく説明!

>>> 日焼け止め選びはSPFだけじゃなく肌への刺激や成分、好みの使用感も考慮して選ぼう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です