サイトマップ

子どもにコーラ飲ませると起きる影響は何だ!?歯が溶けるなんて嘘でしょ。

正直なところ、うちの息子はコーラが大好きで園児の頃から飲んでいました。園児にコーラを飲ませるなんて!・・って思うかもですが、一度どこかで味を覚えてきてしまったらもうどうしようもありません。

コーラは体に良くないから小さいうちから飲ませないほうがいいと言われますが、その理由はコーラに含まれるカフェインや糖分の量、あとは骨や歯が溶ける・・などです。

でもそれって、どのくらいカフェインや砂糖が含まれていて子どもにどんな影響を与えるのか?骨や歯が溶けると言われているけど嘘でしょ・・。

なんて思ったりしますよね。

コーラの糖分は角砂糖3個分

コーラの糖分は100ml当たりおよそ11.3g。角砂糖の重さは1コ3~4gなのでコーラ100mlで3~4個、500mlだと14~18個ほど入っている計算になります。

なゆき

糖分やばい・・

子どもが糖分を摂る事の悪影響として考えられるのは、肥満や虫歯の他にキレやすくなるという説があります。

子供の肥満と1日の糖分摂取量

砂糖は体内ですばやくブドウ糖に分解されるため栄養として吸収されやすいという特徴を持っています。だから砂糖を摂ったらガンガンに吸収されるよね?って話。

子どもが摂取する砂糖の量は1日25g未満がいいって話なので、コーラ500ml飲んじゃうとあっという間に糖分オーバー。子供といえど糖分のとり過ぎは体に良くありません。

参考:【論文紹介】子供の砂糖摂取は1日25g未満にすべき

子供の肥満に関してだけ言えばコーラの糖分だけが悪者ではなく(良いとも言ってない)普段の食生活や生活習慣に左右されるところも大きいので、いろいろな部分を見直す必要があります。

参考:こどもの肥満が急増|小児肥満と小児メタボ

コーラに限らずですが、炭酸飲料は口当たりがシュワッとして甘いものを飲んでいる感覚が薄く、ついゴクゴクと飲んで糖分の過剰摂取につながりやすいので気をつけなければと思います。

糖分を摂りすぎるとキレやすい?

糖分を摂りすぎるとキレやすい子供になると以前ネットで見たので調べてみたんですが、どうも精神的に不安定になって結果的にキレやすくなるということらしいです。

砂糖は体内に吸収されやすいとさっき書きましたが、これが原因。

空腹時に大量に糖分を摂取すると血糖値が急激に上昇し、それを下げるために大量のインスリンが分泌され反動で低血糖が引き起こされます。

低血糖の時は精神不安定になりキレやすくなるそうです。子供は感情のコントロールがまだまだ下手くそだから、低血糖によって余計にコントロールが出来なくなるんでしょうね。

だからお腹減ってるときにいきなりコーラ飲ましたらダメってことですね。

スポンサーリンク


コーラのカフェイン量と子供への影響

「コカ・コーラ」に含まれるカフェイン量は、日本食品標準成分表2015によるレギュラーコーヒー(浸出液)の約1/6、紅茶(浸出液)の約1/3、煎茶(抽出液)の約1/2となります。
日本食品標準成分表2015(文部科学省)による一般的なコーヒーやお茶に含まれるカフェイン量はこちら
https://j.cocacola.co.jp/info/faq/detail.htm?faq=19112

引用元:日本コカ・コーラ株式会社公式サイト

コーヒーや紅茶に比べるとカフェインの量は少ないですがコーラにも含まれています。子供は大人に比べて消化機能が未熟なので、少量でも影響を受けやすくなります。

カフェインの特徴は覚醒作用による興奮と利尿作用が主なもの。

覚醒作用によって気分が高揚し軽く興奮状態になり、夜に摂取してしまうと眠りが浅い、または眠れないなどの影響が考えられます。

子供は自律神経がまだ安定していないので、興奮状態になってしまうと感情のコントロールがしづらくなり、些細なことでイライラしやすくもなります。

カフェインには利尿作用もあり、水分と一緒にカルシウムや鉄分などのミネラルも排出されてしまいます。

一日当たりのカフェイン摂取量
  • 4~6歳(45mg/日)
  • 7~9歳(62.5mg/日)
  • 10~12歳(85mg/日)

※悪影響のない範囲で飲める量(目安)
※参考:食品安全委員会-食品中のカフェインについて

コーラに含まれるカフェインの量は1缶(355ml)で36~46mgなので1缶まではOK。小学校高学年になれば500mlのペットボトル飲んでも大丈夫な感じですね。ただ、ココアやチョコレートにもカフェインが含まれているので、おやつのカフェインも気をつけないとです。

スポンサーリンク


コーラを飲むと骨や歯が溶けるという都市伝説について

コーラを飲むと歯が溶けるの?

ユウキ

なゆき

いや、溶けないし!

コーラを飲むと歯が溶けるだの骨が溶けるだの。そんな事になってたらコーラはとっくに販売中止じゃないかと思うんですけど・・。

コーラには酸味料が含まれていて、この酸が歯や骨の成分であるカルシウムやマグネシウムを溶かす性質があるのは事実。

でも長時間漬けておかない限り溶けることはありません。歯には直接触れるけど、ずーっとコーラを口に含んだままではないですし、唾液には酸を洗い流し中和してくれる効果があるので問題はありません。

ただ、一つ可能性があるとすれば酸蝕歯ではないかと。

酸蝕歯とは歯のエナメル質からリン酸とカルシウム結晶が溶け出してしまう症状のこと。酸性が強いものを飲食するとなる可能性があります。

でも多分コーラはそこまで酸味料強くないと思うのでそこまで心配しなくても大丈夫なんじゃないかと思います。うちの子歯溶けてないし。

歯が溶ける? 酸蝕歯に気をつけよう

骨はコーラに触らないから直接的には影響ないかと。医学的にどうのこうのという可能があったらスミマセン。

スポンサーリンク


子どもがコーラを飲む影響:まとめ

子どもがコーラを飲むことの影響などを簡単にまとめると、、

  • 糖分のとり過ぎで反応性の低血糖が起きてキレやすい
  • カフェインのせいで感情のコントロールが難しくなりイライラしやすい
  • 歯や骨は溶けない(ただし酸蝕歯は別)
  • 影響のない範囲で飲めば大丈夫
  • 肥満はコーラのせいだけじゃない

糖分とカフェインのせいで少しイライラしやすくなるかもだけど影響のない範囲で飲めば大丈夫。ただし幼児期は控ましょう。小さければ小さいほど体の機能は未熟なので影響受けやすくなりますので。

もしうちの息子のようにコーラがめちゃくちゃ大好きでお茶なんて飲みやしない、というお子様の場合コーラを薄めて飲ませるといいですよ^^

最初から薄め過ぎると拒否られるかもしれないので少しづつ。コーラ3に対して水1くらいの割合で薄めて徐々に水の割合を増やして薄味コーラに慣れさせていきましょう。

うちは最終的に半々くらいまで水で薄めたコーラに慣れてくれて、自分で用意する時もためらいなく水で薄めるようになりました(笑)

なゆき

これは原液だからカルピスみたいに薄めて飲まないとダメなんだよー

今は小5なので、そんな母の嘘にもう気づいていますが習慣になっているため未だにコーラは薄めて飲んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です