サイトマップ

働く主婦必見!今よりもっと家事を時短&効率化する「手抜き」のススメ!

主婦というのは毎日忙しい。仕事をしているなら尚更です。そこに子どもがいたらもっともっと、すんご~~く忙しくて、自分の時間なんてありません。

みんなどうやって家事をこなしているんだろうか?
旦那がめっちゃ手伝ってくれるとか?
つーか家事面倒くさくね?

・・そんなふうに思ったりもしますよね。てか思いました。特に下の子どもが小学校に上がるまで。

子供のお世話はともかく通常の掃除・洗濯・料理、これに時間をとられてゆとりが全然ない。だから家事をいかに手早く済ませるかというのは自分の中でかなり大事でした。

時間に多少でもゆとりができれば好きなことをする時間ができますし、それによって心にも少し余裕ができます。

家事を時短するには効率化と、道具や人にある程度まかせて自分でやらない項目をつくっておくこと、完璧を目指さないことです。

調理を効率よくこなす3つの時短テク

調理の時短テクは主に3つあります。

  • 調理器具の活用
  • 冷凍保存術の活用
  • 時間があるときにまとめ調理

料理を時短したいなら調理器具を使って一つ一つの作業を短時間化すること、時間があるときにまとめて調理をしておき、用途に合わせて保存しておくこと、あとは段取りです。

調理時の段取りのコツは待ち時間がないようにすることです。

待ち時間というのはお湯が沸くのを待っていたり、電子レンジでの加熱時間を待っているなど、自分の手が止まっている状態のことを指します。

常に「これを待っている間にこれをしよう」と考えて動くことです。

たとえ数十秒でも次に使う食材を出しておいたり調味料を混ぜておいたり、といったことは出来ると思うので、意識して待ち時間のないようにすると積み重なった時間が短縮されます。

調理器具の活用

スライサーやフードプロセッサーを使えば自分で包丁で切っているよりも格段にスピードアップします。

フードプロセッサーはかなり万能で、野菜のみじん切りや大根おろしもできますし、あとはハンバーグなどを作るときの”混ぜ”もできます。(もしかしたら商品によるかも)

その他にも圧力鍋を使えば煮込み料理をつくる時間が大幅に短縮できますし、材料と調味料を入れてスイッチを押せば勝手に調理してくれる商品などもあるので活用してみてください。

なゆき

すでにカットされている肉や野菜を活用するのも時短になるよ

冷凍保存術の活用

冷凍保存術は買ってきたものを小分けにして冷凍するだけじゃなく、肉なら調味料のつけダレにつけて保存したり、調理方法に合わせてカットしておくなどです。

こうしておくとその都度一から調理しなくて良くなるので夕飯の準備が格段にはかどります。

特に玉ねぎの冷凍はおすすめです。生の状態で冷凍すると水分がでてしまうのでシャキシャキ感はなくなりますが、飴色玉ねぎにするとき通常の半分くらいの時間でできますし(←水気しぼってね)煮込み料理なら凍ったまま入れればいいので使い勝手はいいです。もちろん調理済みの玉ねぎも冷凍できます。

葉物は茹でれば大抵のものは冷凍できますが、解凍時に水分を吸って柔らかくなってしまうので固めに茹でるようにします。

なゆき

肉や魚は朝出かける前に冷凍庫から冷蔵庫に移しておくと使う頃に解凍できてると思うよ(※大きい場合は前日の夜)

その他にもカレーやミートソースなど大量に作ってしまったものを小分けにして冷凍しておけば何も用意してないときに温めて食べられますし、アレンジにも活用できます。

冷凍のカット野菜なども便利なのでどんどん活用していきましょう。(←みそ汁の具とかに超絶便利)

仕込みは時間があるときに

仕込みは完全に調理せず、もうひと手間かければ完成する状態で保存するものと、完全調理で2~3日日持ちさせるものを作っておくものがあります。

できれば一週間のメニューを決めておいて、肉と魚は下ごしらえして冷蔵または冷凍。野菜類もカット・調理して保存します。

2~3日日持ちする煮物などは多めに作って鍋ごと冷蔵庫に収納しておけばそのまま温められます。(※夏と冬で傷む早さが違うので気をつけてください)

野菜を2つ3つ茹でるときは茹でたお湯を使い回すとお湯が沸くまでの時間が省けます。そのときはなるべくアクが少ない野菜から茹でます。または電子レンジ調理。

うちではこういうザル付きの鍋を使っています。茹で上がったらザルを引き上げればいいので便利。

パスタ鍋

麺類は小麦粉がついていてお湯にとろみがついてしまうので単体で茹でます。

なゆき

買い物から帰ってきたらそのまま流れでやってしまうのがベスト

掃除と洗濯は段取りが効率的にこなすカギ

掃除と洗濯に関しては完璧を求めないことと、1日ですべてやろうとしないことです。個人的にはやる日を分散したり手伝ってもらうのがいいと思っています。

基本的に時間がかかるものや待ち時間があるものから先に手をつけるようにして、すぐに終わるホコリ取りなどはスキマ時間などの合間にやるようにします。

例えば洗濯は時間がかかるので起きて最初にスイッチをいれて回し始めるようにするなど。

もし2回まわさなければならないときは、一回目は夜のうちにタイマーセットして起きる時間に洗い上がるようにしておき、翌日起きたら2回目を回し始めます。

ワイシャツなどはハンガーにかけて干し、取り込んだらそのままスチームアイロンしてハンガーにかけたまま収納するとかなり手間が省けます。

風呂は最後の人が洗うか、自分が最後に入って洗うようにするといいです。残り湯をとっておいて洗濯に使いたい場合は、浴槽以外のところだけでも掃除しておきます。

浴槽を洗うだけなら大した手間でもありません。

その他の時短テクはこの3つ。

  • 家電にやってもらう
  • やる日を分散させる
  • 家事代行サービスを利用する

家電にやってもらう

ルンバに乗った猫

ルンバなどのロボット掃除機や食器洗い乾燥機などの家電を使うとかなり家事がラクになります。

掃除機をかける必要もなく洗い物による手荒れもない。サイコーです。

材料を入れてスイッチを押すだけで料理ができる自動調理鍋も便利。火加減や混ぜるのも自動でやってくれます。

乾燥機能付き洗濯機は干す手間が省けるし天気が関係なく乾く点はメリットですが、洗濯機の乾燥機能を使うと電気代がかかるので毎回はちょっとな~・・という印象です。

なゆき

乾燥機は梅雨時には便利なんだけどね

やる日を分散させる

掃除・洗濯・料理。文字にすればこれだけだけど、やることは際限なくあります。

すべてを一度にやろうと思ってもスーパーマンじゃないんだから無理だし、仕事してたらもっと無理。

だから掃除と洗濯は日を分けて分割してやるのがおすすめです。家族が少ないのであれば掃除機かけるのと洗濯は一日おきにして交互にやるとか。

一度自分がやってる家事の項目を書き出してみてください。そうすると自分がどのくらいやっているかが目に見えてわかるし、それを一週間のなかで均等に割り振っていけば1日にやることが絞られます。

なゆき

家事のリボ払い的なイメージかな

家事代行サービスを使う

家事代行は普通の掃除や洗濯、あと料理の作りおきなど自分がやってほしいことをお願いできます。

普段自分がやっている家事をそのままプロにお願いする形ですね。しかも自分でやるよりもピッカピカ。

おお!! ってなります。

もうちょっと時間が欲しい時や、どうしても忙しくて家事をする時間がないとき、お休みをもらってゆっくりしたいときなどにいいです。

特に料理の作りおきは買い物から頼めるのでおすすめ。3日分とか作っておいてもらえると相当負担が減りますからね。


買い物は宅配を利用して時間節約

買い物はまとめてするのもいいんですが、宅配サービスを使うと買い物に行く時間が省けます。食材や日用品、重たいものやかさばるものも宅配なら玄関まで持ってきてくれます。

買い物は移動や持ち歩きなどを考えると時間がかかるし、夏などは冷凍食品やアイスの溶けが気になって買ったら速攻帰らなきゃとか、保冷バッグ持っていかなきゃとかあります。

しかも保冷バッグの容量考えて買わないといけないんで、結構めんどくさいです。

最初は何を注文していいかわからないかも知れないですが、ある程度慣れてくると買うもの決まってくるのでかなり効率化できます。

宅配サービスで買い物って、たいてい一週間に一度の配達だから「これ頼むの忘れた!」とか、予想よりも食材の減りが早いなどの問題が起きます。

そういうときは当日配送のネットスーパーを探しておいて、スマホで注文できるようにしておけばOK!結構どこでもやってると思うので、近所のスーパーをちらっと見てみるといいかもです。

家事をこなせなくても気にしない

なゆき

できなくてもいいじゃないの。人間だもの(byなゆお)

几帳面で真面目な方ほどきちんと家事をこなそうとします。でも家事ってちゃんとやろうと思ったら、いろんなことが目に付きだして・・あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ・・ってなります。

そうなったらどんなに効率よく家事をこなしても時間が足りません。

もし今までわたしが書いてきたことを「え?そんなこと普通にやってるけど?」って思っているなら効率が悪いのではなく、完璧にやろうとしすぎているのかも知れません。

家事を時短したいと思うのはなぜですか?

今日できなかった家事は明日やればいい。今日にすべてを詰め込まないことが最大の時短だと思います。

まとめ:家事の時短は適度な手抜きと効率化

家事の時短テクは段取りよく効率的にやることです。常にどうしたら最短時間でできるか考えながら動くことで、少しづつ身についてきます。

あとは出来ることを出来るときに少しづつでもやっておくことです。そうすると、まとまった時間を家事に割かなくて済みます。

自分の代わりに他の人や家電にやってもらうことも大事。一人で全部やろうとせずに可能であれば家族にも手伝ってもらいましょう。

・・・うちは家族みんな全っっ然手伝ってくれないので、ガンガン手抜きしますけどね。

なゆき

手伝わないなら文句は言わせない!!

という感じで(笑)

最後に家事の時短テクをまとめておきますね。

  1. 調理の時短は調理器具・冷凍保存術・まとめ調理を活用する
  2. 掃除や洗濯は家電や家事代行サービスを利用したり行う日を分散させる
  3. 完璧を求めない・できなくても気にしない

家事はず~~~~っとやっていくものなので、完璧を求めるとあとが辛い。

だから時短テクをうまく取り入れて段取り良く手抜きする。これがベスト!少しでもご参考になったら嬉しいです。