サイトマップ

寝起きが悪すぎて朝なかなか起きない子供の起こし方試行錯誤

朝起こしてもなかなか起きずにギリギリまで寝てる小学生の息子。毎日どれだけ大声で起こしていることやら・・。

朝すんなり起きてもらうためには夜早く寝かせれば良くて、そのためには・・とか、いろいろ思うんだけど、小学5年ともなると自分の意思があるから親が何を言っても寝ない時は寝ない。つーか言うこと聞かないんですよね。

小学生の理想的睡眠時間

小学生の理想の睡眠時間は6~12歳で9~12時間程度と言われてます。睡眠不足な状態では朝起きられないだけじゃなくて、頭もぼーっとするから授業中もぼーっとするんですよね。いわゆる注意力と集中力の低下です。

あと睡眠時に成長ホルモンが分泌されるから睡眠時間が短いと成長の遅れに繋がる可能性もある。でもこれはよっぽど短い場合だろうと思います。

息子の場合23時ごろに寝るんだけど、朝はギリギリ7時半まで寝てるので睡眠時間は8、5時間。そこまで短くはないけど、あと1時間早く寝て欲しいところです。

スポンサーリンク


やってみたけど失敗だった子供の起こし方

8時には家を出なきゃならないので7時半に起きると結構ギリギリです。しかも起きてから15分くらいソファでダラダラしてるし。その15分の間に何回「早くしなさい!」って言ってるかわかりません。

時間ギリギリだと歯磨きも適当だし、朝ごはんも慌ててパンをちょこっと食べるくらいになるからもっと早く起きて欲しい!

だから朝起きない子供の起こし方を調べて実践してみることにしました。

  • カーテンを開けて部屋に朝日を入れる
  • 窓を開ける
  • 布団をはぐ
  • 一度だけ声をかけてあとはほっとく

朝日を浴びさせたり窓を開けて外気に触れさせるというのは、脳に朝ですよ~と信号を送る役割があるので良いみたいです。朝日の明るさを瞼を通して感じることで交感神経と副交感神経の切り替えや体内時計のリセットなどの効果があるとか。

 

なんですけどね~・・・

寒いんだよ!

ユウキ

怒られてめっちゃグチグチ言われた上に子供不機嫌になったよね。

一度だけ声をかけてあとはほっとくってのもこれはこれで緊張感があって、その時はダメでも次から緊張感でちゃんと起きるかもね。と思ったんだけど、寝坊してキレられスネられ、結果遅刻して母が学校まで送る羽目に・・・(´・ω・`)

んで苦肉の策として早く支度が終わって時間が余ったらちょっとだけゲームしてもいいと言ってみた。

ホント?

ユウキ

なゆき

起きたよ・・

だけど起きたはいいけど支度もせずにずーっとゲームしてる・・。もうヤダこのひとぉ!

スポンサーリンク


早く寝ない理由

寝起きが悪くて朝おきられないなら夜もっと早く寝かせればいいと思うんですけど、これがなかなか寝ないんだ。布団に入ってしまえば即寝タイプなのですが布団になかなか入らない!

ざっくりタイムスケジュールですが、

  • 7時ご飯
  • 8時風呂
  • 9時寝る

これを目指しているんですが、どうしても”9時寝る”が10時半~11時になってしまう。。んじゃ何してんのかって言ったらゲームとYouTube。宿題なんかは大した量じゃないんで風呂に入ったあとやってます。

ゲームやYouTubeは普通に言ってもやめないので強く言って強引にやめさせるしかないんだけど、

なんでママがオレの時間のこと決めんだよ!

ユウキ

・・って言われるんですよね。

結論:朝起きない子供を起こす方法

小さい子ならともかく、小学校高学年ともなると自我というものがあるし、このくらいなら大丈夫というさじ加減みたいなものが自分の中にあるんだと思います。それにいくら正論で納得させようとしても「今これがしたいんだ!」という気持ちが強かったりすると全く言うことなんが聞きません。

よく「こうするといいよ」みたいな意見も参考にさせてもらったりするんだけど、ことごとく当てはまらなくて玉砕。途方にくれます(笑)

まぁ朝起きない子供を起こす方法で一番有効なのは母が全力で起こしにかかる、ってことですね。

ちなみに姉の咲希はすんなり起きてくれます。夜も自分のやるべきことは淡々とこなしてあとは自由時間って感じです。

同じように育てた姉弟でもまるで違う。だから悩むし上手くいかないとイライラもするんですけど、そこが面白みでもあるのかなと。最近はそう思うようにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です