サイトマップ

子どものお小遣いはいつからいくら渡す?実際に我が家が渡している金額と小中学生の平均額

以前は子どものお小遣いについて、いつからいくら渡せばいいのか悩んだこともありました。

月々きまった額を渡しても、その中でやりくり出来ない時もありますし、お友達と出かけるなど突発的に必要になった時に別途渡したり・・ってなると月額制度の意味がなってしまうので、我が家では子どもの小遣いは基本的に ”手伝うことでの報酬” という形式をとっています。

その形に落ち着くまでにいろいろ考えましたが、今の所これがベストだと思っています。

わが家のように手伝いに対して小遣いをあげることに「お金をもらわなきゃ何もしない子になるんじゃない?」なんて疑問を感じる方もいるかも知れませんが、そんなことはありません。

この記事では我が家の子供が実際に貰っている金額と小遣いが報酬制なった経緯、あと参考として小中学生がもらう小遣いの平均額などを書いています。何かしらの参考になれば嬉しいです。

小遣いはいつから?渡し始めた時期ときっかけ

子供にお小遣いを渡し始めたのは小学1年の夏休み前後です。うちは息子と娘がいますが、二人ともほとんど同じ時期からです。

幼稚園の頃というのは常に親と行動しますが、小学生になると親抜きの子供だけの交流というのが学校外で始まるので、子供だけで遊ぶ機会が増えます。

最初は公園で遊んだりしてるだけなんですけど、だんだんお金を持ってくる子が出てくるんですよね。

そうすると、そのお金持ってる子に借りて買い食いしたりするんです。息子から「貸して」とは言わないけど、お小遣い持ってる子が好意で貸してくれる。

小1だと「持ってるから貸してあげるね」という感覚なので、本人たちにいいとか悪いとかの自覚はありません。

一応お金の貸し借りは良くないから断るように話したものの、みんなが食べてるのに自分だけ食べられないのもかわいそう。

それが子供にお小遣いをあげようと思ったきっかけです。

お小遣いをあげようと思うタイミングって人それぞれ。小学校入学を機にあげ始める人もいるだろうし、決まった額じゃなくて必要な時に渡す人もいるだろうし。

自分がお小遣いをあげようかなと考え始めたときが”その時”なんだと思います。

実際に子供に渡していた小遣い額

実際に子供に渡していた小遣いの額ですが、ざっくりいうと1,2,3年くらいまでは『月500円+お手伝いした分』、小4から小遣いを完全報酬制度に切り替えです。

小学校低学年のうちはお手伝いと言っても出来ることが少なく、ゴミ捨てや蚊を退治することを1回10円でお願いしてました。でもそれだと少ないので月500円の基本小遣いを併用していた感じです。

高学年になれば出来ることも増えるので、月の基本額500円は無しにして、して欲しい手伝いの提案やそれによってもらえる金額を決めました。

この小遣い制度は娘がテスターになったことでの最終形態です。それまでは突発で必要になった分は渡してました。

小学校低学年まではお金を使うといっても、駄菓子屋でおかしを買ったり、好きな鉛筆買ってみたり。そんな感じで楽しんでるだけなんですが、10歳を過ぎるあたりで子供の行動範囲がひろくなってきます。

お友達と一緒にプールに行ったりお祭りに行ったり。普段は月500円で足りても突発的に足りなくなることも増え、そのたびに月の小遣いとは別に渡したりしてて、、「月の小遣い決める意味あるのかな?」と思うようになりました。

小遣いを決まった額渡すというのは、もらった額でお金のやりくりをして計画的に使うということを学んでほしいからです。

姉・咲希の小遣い収入源

咲希は基本的に真面目で小学2~3年の頃から20分100円でマッサージを担当。しかも子どもにありがちな適当マッサージじゃなくて、ちゃんと最後まで力を入れてやってくれます。

今まで私に肩のツボやら頭のマッサージ方法、目の周りのツボなどを教え込まれて、20分/100円 から 15分/100円 に昇給。最終的に30分×21枚のマッサージ券を3000円で売りつけてくるほどビジネス化しました。

さらに普段15分100円のところを、土曜日20分100円、日曜日25分100円という、土日限定サービスデーなるものを設け、確実に収入になるようにしています。

ホントは20枚だけど1枚サービス

咲希

なゆき

商売上手かっ!

マッサージは肩が凝っている時にしてもらいたいので、子どもの都合で「今日やってあげるよ」というのだと意味がありません。これは、私がやってほしいときにちゃんとマッサージをやってくれる咲希だから成り立ちます。

このマッサージの収入と月の小遣いで友だちとの映画やカラオケ、プールなどの費用、さらにに学校の宿泊教室などに持っていくお小遣いもすべて自分で出しています。

月の小遣いというのは『自分の弁当を毎日作る+弟の面倒を見ること』で月/3000円です。(娘の中学は弁当なので)

マッサージ券は使い切るのに1年くらいかかってしまうので(土日のサービスデーをメインで使うため)、実際に渡している一ヶ月の小遣いは平均しておよそ4000円程度になっていると思います。

弟・ユウキの小遣い収入源

やりたくないことは絶対にやらないもんね

ユウキ

ユウキはお調子者で少し適当なところがあり、今やりたくないと思ったことは絶対にやりません。無理にやらせようとするとケンカになるので、マッサージ券などのこちらの都合が絡むものは基本的に小遣いの対象にはしません。

仮にマッサージ券を発行しても、そのあと自分の都合でしかやってくれなかったり、マッサージの内容が適当だったりする可能性が高いからです。

もちろんお願いすればちゃんとやってくれますが、先にお金を払ってしまうものは後がちょーっと怪しくなりそうだなー・・という懸念があるのでチケット制ではなく、その時その時でやってもらうようにしています。

彼の小遣いが発生する事柄は「今、または今日やれば、即お金になるもの」で、こんな感じ。

  • 野球の試合で2塁打を打ったら100円
  • 蚊を退治したら1匹10円(見せる必要あり)
  • ゴミ捨て1回10円
  • 草むしり300円(但し生え具合によって変動)
  • 風呂洗い浴槽のみ50円、他のところも洗ったら100円
  • マッサージ20分100円(お互いが承諾した時のみ)

息子はフットワークが軽く、こういう雑用系の手伝いをあまり面倒がらずにやってくれます。多分体を使ってすぐに終わるのが向いているんじゃないかなと思っています。

ただ、息子は欲しいものが非常に多いタイプの子なので、ゲーム機やゲームソフトなど、どうしても欲しいものがある時は特別ミッションを組む時もあります。

↓これも特別ミッション組んだ事例(笑)

クリスマスプレゼントは任天堂switch?待てない息子の決断

息子はムラがあるので、お金がほしい時は一ヶ月だいたい1500~2000円くらいになりますが、やらないときは野球の試合で打った数百円のみです。

小中学生の小遣い平均額

一応小中学生の小遣い平均額を載せておきますね。(単位/円)

年収 ⁄ 学年 1、2年生 3、4年生 5、6年生 中学生
300万未満 325 608 1207 2100
300~500万 525 713 1128 2084
500~750万 2342 1679 1476 2731
750~1000万 250 450 844 2853

※子供の一ヶ月あたりの小遣い額(2016年/平成28年)
※参考資料:金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」
※リンク先:暮らしに役立つ身近なお金の知恵・知識情報サイト「知るぽると」

手伝いに対して小遣いを渡すと何もしない子になる?

手伝いをお小遣いの対象にすると、小遣いがもらえないと何も手伝わない子になるんじゃないかという心配があるかと思います。

あとは家族として家のお手伝いはするのは当然だから・・とかそういう意見とかね。

でもさ?子どもって基本何にもしなくね?
「家族なんだから家の手伝いなんてやって当たり前だよ!」な~んて、そんなお子さま素晴らしすぎです!というかいるのか?少なくともうちの子供たちはそんなんじゃありません。

なゆき

ちょっと手伝って~
メンドクサイからやだ

咲希

こんな感じですよ。お小遣いあげると言っも断られる時あるし。

子どもは金で動くというよりも気分で動くので、何か欲しいものがあれば金の亡者のように貪欲に手伝いに来ますし、特になければ何もしません。家のことは私がするのが当然と思っていることでしょう。

つーか自分が子供の時もそうじゃありませんでした?

手伝いをお願いしたとき、メンドクサイと断られることはあっても「いくらくれる?」と言われたことはないですし、小遣いもらえなくても手伝ってくれる時もあります。

手伝いに対して小遣いをあげるということは必要に応じて稼ぐ場所が用意されているということで、お金をもらわないと何もしない子になるのとは違うんじゃないかなと思っています。

ご褒美についても同じように感じることがあるかもですが、それについてはこちらで記事にしています。

女の子ご褒美制は子供をダメにする?ご褒美なしでは何もしない子にしないための考え方と使い方

まとめ:小遣いはいつから何を学ばせたいかで決める

子どもの小遣いはいつからいくらあげればいいのか悩んだこともあったんですが、「小遣いで何を学んで行ってほしいのか」ということを考えて今の形になりました。

子どもたちにはお金というのは自分の労働に対する対価で、働いて得たお金のなかでのやりくりし、足りなきゃ自分で稼ぐ。ということを学んでほしいと思っています。あと信用がクソほど大事ということ

お金がもらえなければ何もしない子になってしまう場合、多分思いやりや相手をねぎらう気持ちが少し欠けているからではないかと思います。お金がすべてみたいになってるというか。

でもそれは、お小遣いをあげるという面だけで教えるのではなくて、あらゆる面で教えていかなきゃならないし、親も子供に対してありがとうの気持ちを伝えたり、気持ちを汲んであげる必要があります。

手伝いに対してお金も渡すけど、それ以上に感謝の気持ちをオーバーなくらいに伝えることが大事だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です